北海道での薬剤師求人

北海道の薬剤師求人サイトランキング!まずはここに登録してみよう!

マイナビ薬剤師

URL:http://pharma.mynavi.jp/ ※利用者の94%がサービスに満足




ヤクステ

URL:http://www.yakuzaishisyusyoku.net/ ※1年以内の離職率が1%未満




ヤクジョブ

URL:http://yaku-job.com/ ※業界最多級27,000件以上の求人




北海道での薬剤師求人

北海道は、面積83,457kuであり、日本では本州に次いで2番目に、世界では21番目に大きな島となり、日本全体の約22%を占める面積となります。総人口552万人で世界の国と比較すると、ヨーロッパのデンマークやフィンランドと同じ位で、ニュージーランドの人口の約1.3倍となります。

 

しかし人口密度となると都道府県で1番少なく、1kuあたり66人しか値しません。それだけ巨大な大地と自然の環境に恵まれているということになりますが、北海道における薬剤師の就職事情について調べてみました。

 

まずは、北海道の医療薬剤師数は、2008年の総務省統計局の調査によると10,448人であり、これは全国シェアでは3.9%に値します。

 

また、全国の薬剤師数ランキングでは2004年から2008年まで8位をキープしています。人口1万人あたりの薬剤師数では18.97人で全国で23位をランクインしています。

 

ちなみに一般病院数は524施設で全国では2位となっており、一般診療所数や医師数についても上位にランクアップしています。しかし、人口1万人あたりの医師数は22.6人と24位ですし、やはり人口に対する医師数や薬剤師数が少ないように感じられます。

 

北海道における薬剤師の求人事態は比較的安定し、薬剤師が就職難に陥るということは現状ではありません。

 

しかし薬科大学が4年制から6年制に移行されたことによる薬剤師の就職面の影響などは出てくるのでしょうか?

 

6年制に改正された2010年度、2011年度の2年間は新卒が居ないため、転職活動に関しては非常に有利だったことでしょう。この2年間は新卒者の居ない空白の2年間となります。

 

2012年に6年制の方たちが初めて卒業生となったため、4年制の卒業生が9,000名だったのが6年制になり16,000名に増えました。北海道においても今後の薬剤師の就職・転職事情が厳しくなることが予想されます。

 

このような状況が予想されることから薬剤師の就職や転職は早いうちが良いという声も聞こえています。薬剤師の就職・求人をお考えの方は、薬剤師専門の求人エージェントを利用されることをお奨めします。

 

熟練のコンサルタントがあなたのスキルや希望に合った就職プランを立ててくれます。薬剤師に必要な応募基準として、患者さんと接することが重要になりますので、面接では明るい応対を望まれることになるでしょう。

 

より効果的な面接応対の仕方や履歴書の書き方なども指導してくれますので、就職活動を支援してくれる力強い味方となってくれるでしょう。


 
[PR]北海道の薬剤師の仕事探しは薬剤師転職を取り扱うコチラのサイトを見てみましょう!